熊本市の看板屋 すみよし工芸社

形状記憶シート!?Avery エイブリーのカーラッピングシート

sumiyoshi

Avery 1000シリーズ Avery Supreme Wrapping Film

先日材料屋さんの展示会が福岡で開催されたので行って来ました。
最大の目的は「Avery エイブリー」さんのカーラッピングフィルムの実演、とフィルムの説明を聞く事です。 (Avery 1000シリーズ AveryとSupreme Wrapping Film)
Avery エイブリーさんのカーラッピングフィルムに興味を持った理由は下の動画を見たからです。

How to Wrap a Car with Avery Graphics new Supercast Digital Films

How to Wrap a Car with Avery Graphics new Supercast Digital Films外部リンク

素晴らしく簡単に凹み部分の処理をしているのが分かります。
「こんな処理じゃ後で浮き上がっちゃうよ!」と動画に突っ込んでましたが、エイブリーさんの話を聞くと納得。目からウロコでした。

可塑剤

塩ビって元々固い物。硬い塩ビを柔らかくするのが可塑剤だそうです。
カッティングシート、インクジェットシートやラッピングシートの大半が、素材は塩ビ、なので可塑剤が使われています。

早い話、貼り込み施工をして「このまま動かないで!後日浮いて来たりメクレて来たりしないで!」って箇所に、ドライヤーで熱を加えて、可塑剤を飛ばしてしまえば良いそうです。(ポストヒーティングするタイミングや、定められた温度でポストヒーティング等の条件があります)
すっげ〜〜〜!
粘着剤は位置決めがしやすい構造、エアー抜もしやすい構造となっていていたれりつくせりの万能シートでした。 (シートとは、Avery 1000シリーズ AveryとSupreme Wrapping Film)

施工の実演を拝見させて頂いて、印象に残った言葉があったので記載しておきます。

  • 「熱を当ててシートを伸ばすのでは無く、温めてシートを柔らかくして形を作ってあげる。」
  • 「貼り込みが上手く行かなかったら一度剥がしてシートを温めてあげて、元通りにしてチャレンジする。慌てず時間を掛けて丁寧に」
  • 「下地処理の車の洗浄は、貼り込み施工より時間が掛かる時もある。それほど念入りにする」
  • 「車のパーツは基本、外せる物は外す」

全ての塩ビシートがこのような特性を持っている訳ではございませんのでお間違えの無いように。
また、ここに記載した事は僕個人が感じた事聞いた事なので保証となるものではありません。

ラップフィルム シリーズ1080 3M

sumiyoshi

3M Scotchprint Wrap Film Series1080

カーラッピングが変わる!新商品 3M Scotchprint Wrap Film Series1080外部リンク

ラップフィルム シリーズ1080 3M Scotchprint Wrap Film Series1080

カーラッピングが密かなブームなのかどうなのか。。
ダイノックのカーボンフィルムを使うのが主流だったのですが、去年の11月に3Mから出たこの「ラップフィルム シリーズ1080」が時代を変えそうです。
僕が感じた特徴は

  • 薄い
  • なので柔らかい
  • 継ぎ目が目立たない気がする(ダイノックに比べて)

ラップフィルムと言うくらいなので車や屋外専用の商品なのでしょう。
粘着剤もグレードアップ(?)してコントロールタックになっています。
1542mmと幅も広くなって今まで継ぎ目なしで不可能だった物が可能となります。凄い。
その分は単価は上がりますが車ラップ専用の商品なので仕方がないですね〜。
白のカーボンでお嫁さんのスズキエブリーをドレスアップしようと企んでおります。企みが上手くいったらまた動画、ブログをアップします。

黒板マグネット

sumiyoshi

黒板機能を持ったマグネットシート

マグネットシートの表面が黒板になった、単純明快な商品です
材料のサイズは920mm幅の10mロール、厚みは0.75mm
使う場面ではとても便利で使えるツールになるのではないでしょうか!
表面が本当の黒板なので、本当の黒板に貼りつけても見苦しくありません。
おまけにマグネットシートがゴムの質感があるのでチョークで書く時、とても心地よく書きやすいです。
用途は様々ですがこの黒板マグネットは探している方は沢山おられると思います。
メートル切り売り、指定寸法切り売り、罫線文字入れ対応しておりますので
お気軽にお問い合わせ下さいませ。

続きを読む: 黒板マグネット

クイックメンダー

sumiyoshi

IMG_1078 ステンレス切り文字や箱文字、銘板などの取付施工に使う接着剤をご紹介させて頂きます。 遠方の個人のお客様がご自身で取付施工を行う時にお役に立てればと思い記事を書きました。

続きを読む: クイックメンダー

カッティングシートを巻き込む

sumiyoshi

IMG_0500 カッティングシートを貼ってからの後処理です。
板の厚みまで見える位置に看板を設置する場合、看板の厚みまで着色してあると完成度が高く感じます。
予め板より大きめに裁断したカッティングシートを貼り、はみ出た部分を巻く時のちょっとしたコツをご紹介いたします。
コツさえわかれば何でも無いことですので、誰かの何かにお役に立てれば幸いです。

Graphia-Fasara切り売り

sumiyoshi

Graphia施工3

ガラスを装う

ご自宅やオフィスのガラスを装うと、新しい空間へと変わります。
今回、「Graphia-切り売り」をご注文頂きました後藤さま有り難うございました。
施工風景の画像を頂きましたのでご紹介させて頂きます。

明るい空間

外からの視線がきになる通り沿いの窓。カーテンを閉め切ると外からの光を遮る事に。
「外からの光を遮らず明るくて、安心感と開放感のある空間にしたい」とのご要望に最適な商品だったと思えます。

個人様へ全国発送-送料全国一律500円

このグラフィア(目隠しシート)は送料全国一律500円で切り売りしております。
メーター数が多い場合は無料とりますので事前の御見積もりくださいませ!
個人のお客様もご購入頂きご自身で貼り込みをされております。
貼り込み施工は以外と簡単!車のスモークフィルムの貼り方と同じで、シート自体に厚みがあるのでとても施工がしやすいです。

サイズ指定CUT大歓迎!
ガラスの寸法をお知らせ頂くとご指定通りにカッティングマシンでcutして発送いたします。複雑な形でもOK!

Graphiaに関する

▼ご質問・ご相談・お見積、お気軽にどうぞ!
http://www.sumiyoshikougeisha.com/contact/
TEL096-378-6876 FAX096-378-9870

Graphia施工 Graphia施工1 Graphia施工2 Graphia施工3 Graphia施工4

SG700

sumiyoshi

打合せ等の目的でこのページを作成します。

SG700シリーズ
SG700シリーズは、屋外看板、車両関係等の耐候性塩ビマーキングフィルム印刷用として、 特に耐候性、柔軟性、オーバーコートクリヤー適性を持ったインキです。
タイプ ビニル系 1 液蒸発乾燥型 用途 屋外看板、車両(車、オートバイ)用塩ビステッカーなど、耐候性の必要な用途に最適 です。
●特徴
平滑性に優れた印刷膜を形成し、光沢ある仕上がりとなります。
色が鮮明で調色性も良好です。
印刷適性(特に機械刷り)に優れています。
インキ膜に伸びがあります。(伸び率 80-130%)
●稀釈溶剤
標準溶剤 T-912
遅乾溶剤 T-920
超遅乾溶剤 T-980
●洗浄溶剤
T-911 /T-15
●印刷 スクリーンメッシュ
テトロンまたはナイロンの 200?300 メッシュをお勧めします。
●乾燥
常温 20℃30 分
強制 60℃乾燥により短縮
●その他
208 プロセスイエロー、400 ウルトラブルーおよび蛍光色を除き、優れた耐候性を持っ ています。
●参考資料
(性能表は弊社での試験値であり、性能を保証するものではありません。) 印刷被膜性能表 試験項目 試験内容 評価 密着性 クロスカットセロテープ剥離 100/100 耐熱性 80±2℃中に 96 時間後、密着試験 100/100 耐冷熱サイクル性 80℃2 時間 >室温 0.5 時間 >-20℃2 時間 >40℃95%RH3 時間 >室温 0.5 時間 >-20℃2 時間 3 サイクル後密着試験 100/100 耐水性 40±1℃の温水中に 24 時間 異状なし 耐油性 エンジンオイル中に 7 時間 異状なし 耐ガソリン性 ガソリン中に 1 時間 異状なし 耐酸性 0.1N 硫酸水溶液中に 7 時間 異状なし 耐アルカリ性 0.1N 水酸化ナトリウム水溶液中に 7 時間 異状なし 耐候性 サンシャイン・ウェザォメーター 1000 時間照射 合格 試験条件 素材 : 塩ビ白ステッカー 乾燥 : 60℃5 分+常温 2 日

上記は下記リンクより引用したものです。

ダイノックフィルム_シート

sumiyoshi | コメント(0) | トラックバック(0)

お客様の「木目の柄で看板を作りたい。文字の変更を予定している」とのご要望で、ダイノックフィルム_シートを使う事になりました。

ダイノックフィルム_シート

木を使わないで、ダイノックフィルム_シートを使う大きな5つの理由

  • 本物の木を使うより、コストが大幅に削減出来る。
  • 汚れに強い。
  • 割れが無い。
  • 木に比べて文字が長期に渡って綺麗に残る。
  • 文字の書き換えが容易に出来る。

以上の理由をお客様にお話して、相談し納得頂いてから製作に入りました。

ダイノックフィルムWG941

ダイノックフィルム_シートと言っても沢山種類がございます。
今回は屋外看板なので、ダイノックフィルム_シートの中でも屋外での耐久性が強い物を使用しました。
充分に木に見えます!

ダイノックフィルム_シート1

ダイノックフィルム_シート貼り施工

画像では、シート貼り職人風な感じでみえますが、、実際は目茶苦茶貼り易いのです。貼り易い理由は 糊の面に空気の逃げ道の溝があるからです!!

ダイノックフィルム_シート2 ダイノックフィルム_シート3

この溝のお陰で気泡一つ無く綺麗に貼れました。

ダイノックフィルム_シート

お気軽にどうぞ!

ダイノックフィルム_シートで「こんな感じの看板を作ってみたい」とお考えの方は、お気軽にお問い合わせ下さいませ!

▼ご質問・ご相談・お見積、お気軽にどうぞ!
http://www.sumiyoshikougeisha.com/contact/

アルミ複合板のジョイント

sumiyoshi | コメント(0) | トラックバック(0)

アルポリック_カラーエース_アルミ複合板

アルポリック_カラーエース_アルミ複合板を繋ぎ合わせて看板を作り、インクジェット出力シートを全面ベタ貼りする機会が多くなっています。
そんな時板と板の継目はどのように処理するべきか。。

アルミジョイントテープ

  • ジョイント部分はトラブルの宝庫。

熱や水分で「ひび割れが入ったり、伸びが見えたり、ジョイント部分からの剥離があったり」とジョイント部分はトラブルが起こりやすい箇所です。

アルミジョイントテープ

対策として、アルミジョイントテープという、便利な物をつかっております。
(ご家庭でよく見かけるアルミホイルの分厚いものに糊が付いた感じの物です。)
アルミ製のテープなので熱による伸縮が少ないので、しっかりとジョイントしてくれる感じです

繋ぎ目部分にアルミジョイントテープを貼ったので、裏側からの水の浸透は防ぐ事も出来ます!
この状態から出力シートや、ベタ貼り用シートを貼ればOK!

アルミジョイントテープを貼った所

アルミジョイントテープを使い出したら、アルミジョイントテープを貼らないと心配でなりません。完璧に踊らされているようです。(材料屋さんに。。)

ベルフレームのカット寸法

sumiyoshi | コメント(0) | トラックバック(0)

ベルフレームのカット

2通り
まずベルフレームを巻く場合、2通り考えられます。

  • 既存の板にベルフレームを巻く場合
  • 出来上がりの寸法がベルフレームを含む場合

既存の板にベルフレームを巻く場合

例)既存の板寸法:W400mm H300mmの場合
板面の寸法より-16mmでベルフレームを切断
例)既存の板:W400mm H300mmなので
上下フレームは384mmを2本
左右フレームは284mmを2本

出来上がりの寸法がベルフレームを含む場合。

出来上がり寸法:W400mm H300mmの場合
1.板の断裁寸法
出来上がり寸法(ベルフレーム含む)から-9mmで板を断裁
例)W400mm H300mmなので板をW391mm H291mmに断裁

2.フレームの断裁寸法
出来上がり寸法(ベルフレーム含む)から-25mmでベルフレームを切断
例)W400mm H300mmなので
上下フレームは375mmを2本
左右フレームは275mmを2本

▼ベルフレーム★看板資材・広告資材の総合カタログサイトSIGNWEBサインウェブ
http://www.signweb.co.jp/item/43002.html